営業部 係長 三宅 由里恵

なぜこの業界に挑戦したのか

私の前職は人材系でした。そんな私がなぜ金融・証券業界に進んだのか。
自分自身も年を重ねるにつれ「お金に関して」真剣に考えるようになりました。
年金のこと、消費税のこと、お金にまつわる心配事は多くあります。またインターネットを開けば簡単に多くの情報が手に入るこの世の中。
そんな時だからこそ、親身になってお客様に寄り添い、お客様一人ひとりにあった情報を適切にアドバイスする、この仕事が必要だと強く感じました。
資産について中立な立場でアドバイスをもらえる、そんな長く付き合えるパートナーがいれば心強い。おそらく今後ますます広がっていく業界。
そんな存在意義と必要性を強く感じられたことが、以前と全く違う「証券」という業界に挑戦してみようと思った理由です。

お客様のニーズを正しく捉え向き合う

三宅 由里恵

私がこれからこだわりたいことは、「お客様のニーズを正しく捉え向き合うこと」です。
時には、潜在的なニーズにもアプローチしながら、お客様と共に喜びを分かち合う瞬間を1回、1秒でも多くしたいなと思っています。
その為に、まず必要なのは「信頼してもらうこと」です。顔を合わせるコミュニケーションを大切にし、お客様に1日も早く信頼していただけるよう精進していきたいです。