営業部 部長 上田 純平

サービスの真髄

私は中学2年から始めたバレーボールを今もずっと続けています。時には辛いことや苦しいこともありましたが、諦めず続けたことで、まさに『継続は力なり(ローマは一日にして成らず)』。どんな困難をも乗り越えられる忍耐力、自信を得られました。そして、自分自身を成長させてくれました。
今では、バレーボールはコミュニケーションツールとして不可欠なものとなり、そのお陰でたくさんの人たちと出会い、また、大切な仲間が出来ました。これがバレーボールの楽しさの真髄だと思います。
日々営業活動を行う中で、楽しいこと、また時には困難にぶつかることもありますが、諦めず暑い日も寒い日もお客様とコミュニケーションをとることにより、お客様の多種多様なニーズを把握し、それに対応した適切なサービスを提供することが出来ると思います。
こうした姿勢を続けることが、お客様へのサービスの真髄だと思っております。

目指す営業スタイル

上田 純平

『Face to Face』をモットーにし、『フットワークの軽さ』を生かして、晴れの日でも雨の日でも、200km以上離れたお客様のもとへも走ります。
常に『お客様目線でのサービス』を心掛けます。
『香川一の優良企業』を目指し、仕事に対する『香川一のモチベーションの高さ』にこだわります。

1日のスケジュール